コンテンツへスキップ

東区O様邸内装他

内装工事

弊社はビニルクロスは使いません!!

東リ社の場合は「環境クロス」を使用しています。

和紙等も良く使用します。

「環境クロス」は材質が固く、クロス屋さんは嫌がります。

施工が面倒なのです。

天井と壁の取り合いの廻縁は使わず

目透しで納めることが多いので特に大変です。

実際は「クロス」呼んでいますが紙。

施工後のあのビニールの嫌な臭いもないですし、

風合いも良いのでこのような素材を使っています。

 

横の模様の壁紙はレーザーで確認しながらの作業です。

 

 

 

 

 

O様邸の室内

赤いレーザー光

レーザーレベルで水平を確認しながら貼って行く。

 

あと定番で使っている中霧島

シラス(九州の火山灰)が原料なので

多孔質で臭い等も取ってくれとても良い材料と思います。

 

 

 

 

 

左官のARAIさん

横に櫛をひきながら仕上る

文字通り「櫛引仕上」

間接照明があたると陰影が出て良いアンバイになります。

 

 

 

 

 

 

内装工事とは違いますが

受電前の分電盤

あとで一番左に大本のブレーカーが付きます。

通常60A位まで対応できる引き込みをしています。

契約回路は40Aでも50Aでも良いので

将来増やす場合にも対応できます。

最低でも20回路

昔と違いコンセントの数も多くこれ位が定番です。

キッチンなどの家電専用にそれぞれ回路分けしてあるので(専用回路)

余程でないとブレーカーは落ちなくなりました。

 

ついでに外構

花壇などは極力コンクリートやブロックを使わず

自然石等を使う仕様にしました。

 

 

 

 

 

 

 

花壇の石積作業

後日植栽工事をします。

設計当初から植栽を織り込む事にしています。

建物の雰囲気が植栽によってガラリと変わります。

やはり緑は大事ですね。

植栽が終わりましたら、アップいたします。